糖分を下げる

抗糖化という言葉を知っていますか。抗酸化や酸化については、知っていたり耳にしたことがある人も多いと思いますが、抗糖化や糖化についてはあまり知らないひとがほとんどではないでしょうか。しかし、今や世界中のセレブたちが、この抗糖化に励むことでアンチエイジングに取り組んでいるのです。そもそも糖化とは、血液中にある糖分が長く残り、たんぱく質や脂肪が糖化し、最終的にAGEs(Advanced Glycation Endroucts)という物質になってしまうことです。これによって私たちの体はどんどん老化してしまうと言います。それではどのようなことが抗糖化につながるのでしょうか。具体的には適度な運動、甘いものを摂りすぎない、血糖値をあげすぎない、という方法が挙げられます。

最近トレンドになっているGI値という言葉ですが、このGI値が高い食品を避けることも抗糖化です。最近では食事のカロリーよりも、むしろこの高GI値の食品を摂らないようにするという考えが広まっています。炭水化物のGI値について色で例えるならば、白いものではなく、茶色のものを食べるほうが望ましいです。具体的には白米、うどんよりも、玄米やそばを食べるようにする、といった具合です。また、野菜やきのこ、大豆などは低GI値食品なので、積極的に食べることをおすすめします。しかし、日本人なのでやはり白米が食べたいというのが本音でしょう。もし高GI食品を摂る場合は、抗糖化を働きかけるものを一緒に摂取するとよいでしょう。例えば、カモミールティーやどくだみ茶などです。あまり極端になると継続しにくいので、バランスをみながら摂取するとよいと思います。・

Copyright © 2015 美しく健康であるために必要な知識やアイテム . All Rights Reserved.